EHON座 NEWS

団体概要

Overview

代表のことば

絵本とEHONのものがたり

時枝 正俊

かの有名なミュージカル『ウィキッド』は、「悪い魔女は、本当に悪い魔女だったのか」という疑問から着想されています。その発想は実に見事で、このミュージカルを観る子供から大人まで、物事をひとつの側面で判断しないという「多様性」を学んでいきます。

「絵本の世界観をミュージカルに」

Tokyo EHON座のコンセプトです。みんなが大好な可愛い絵本の世界観にプラスして、もっと人生のこと、もっと人間のこと、もっと多様な社会のことを描いてみたい。そこから名称を「EHON」という表記にしました。「子供だけでなく大人も楽しめるミュージカルを」これが一番の目標になります。

お子さんから大人の方まで、どなたでもご参加いただけます。皆さんとつくる「ものがたり」に、いま胸を高鳴らせています。

是非ご参加、お待ちしています。

時枝正俊(Masatoshi Tokieda) 福岡県出身。日本大学芸術学部演劇学科卒業後、東宝演劇部所属。演出部として、『レ・ミゼラブル』『メリー・ポピンズ』等、東宝製作の数々の公演に携わる。その一方で、伊東弘美コンサートのひとり歌芝居『まどをあける。』の作・演出、『ブロードウェイミュージカルライブ2nd』の構成・演出、琉球放送ラジオドラマ『絶対、泣かない』の作・演出等も手掛ける。演出助手としては、『屋根の上のヴァイオリン弾き』(21年)『レ・ミゼラブル』(21年)に参加。また2021年、杉並区ミュージカル・プール第4回公演『チクタク村のマドレーヌ』の作・演出をつとめた。

副代表のことば

絵本とミュージカルと

鳴坂 仁志

子供の頃には誰もが絵本に接して、そこでの物語や登場する人物、動物に想像を交えて空想した時代があったはず。

今、改めてそれらの絵本とミュージカルの世界を融合し、それを子供と大人を融合させて一つのカタチにしていくことを目標にTokyo EHON座を立ち上げました。

ミュージカルはご存知のように歌、ダンス、台詞(言葉)を組み合わせた総合芸術です。夢を持っている子供たちと、夢を実現、もしくはこれからも実現していこうという大人たちとの共同作業で、さあ、皆さんも一緒に創っていきませんか?

ワクワクするEHON(絵本)の世界を!

鳴坂仁志(Hitoshi Narusaka) 東北大学卒業後、日本HP、日本マイクロソフトなどのIT業界の主要な企業の役員を歴任。2010年以降六本木男声合唱団、杉並区民オペラなどで、国内外の合唱、オペラ等の音楽活動を経験。また、杉並区ミュージカル・プールに在籍し、ミュージカルの舞台に立つ。最近は三遊亭圓窓師匠のもと落語も千早亭逢手井で活動中。

団体名Tokyo EHON座
設立年月日2022年5月2日
事務局所在地東京都杉並区
代表時枝 正俊
副代表鳴坂 仁志
事務局栗田 由希子
野崎 尚美
監事大部 胡知
活動目的当団体は、東京都の地域劇団として、子どもから大人まで楽しめる「絵本の世界観」を着想としたミュージカルの創作活動を通じて、多世代同士の交流、地域住民との親睦による地域文化への貢献、ミュージカルの公演に必要な技術向上を目指します。
活動内容・舞台公演
・舞台公演に必要な芝居、ダンス、歌唱等の稽古活動
・地域活動や各種イベントへの参加
・その他目的を達成するために必要な活動

公演概要

Performance

Tokyo EHON座 第1回公演
オリジナルミュージカル
「大丈夫、ジュディ」
開催日:2023年3月11日(土)・3月12日(日)
場所:新宿村LIVE (アクセス)
全席指定:4,500円(税込)

講師紹介

Instructor

大部 胡知 作曲・音楽監督

Koharu Daibu

東京藝術大学音楽学部作曲科卒業後、ミュージカルの現場経験を経て、現在同大学大学院音楽研究科作曲専攻エクリチュール研究分野在籍中。参加作品に『チクタク村のマドレーヌ』『30歳、0時』(作曲)『A CLASS ACT』『SHE LOVES ME』(音楽監督)などがある。またBHSミュージカル研究所代表として、ミュージカル音楽書法の研究活動を推進している。エクリチュールを林達也、作曲を小鍛冶邦隆、ピアノを中井正子、ミュージカル音楽をケルヴィン・トムソンの各氏に師事。

講師

久保田 彩佳

Ayaka Kubota

演出助手・歌唱・演技指導

伊奈学園総合高校音楽系卒業。東京藝術大学声楽科卒業。卒業時、アカンサス賞、同声会賞受賞。声楽を高丈二、佐々木典子の各師に師事。劇団四季にて、『ウェストサイド物語』『キャッツ』『オペラ座の怪人』『美女と野獣』『THE BOY FROM OZ』などに出演。歌唱指導として『秘密の花園 in Concert』等、演出助手として『チクタク村のマドレーヌ』に携わる。玉川大学芸術学部非常勤講師。男声合唱団金曜会指揮者。

倉斗 絢子

Ayako Kurakazu

歌唱・演技指導

白百合女子大学仏語仏文学科卒業。大学在学中からレビューショーなどに出演。劇団四季に13年在籍。在団中は、『美女と野獣』タンス婦人、『オペラ座の怪人』フィルマン夫人、『赤毛のアン』ステイシー先生、『リトルマーメイド』他多数のミュージカルに出演。退団後は、歌手活動、後進の指導にあたる。2021年杉並区ミュージカルプール『チクタク村のマドレーヌ』では歌唱指導、演出助手をつとめる。

木村 晶子

Akiko Kimura

振付・ダンス指導

2003年『アニー』で初舞台を踏み、その後ミュージカルを中心に活動。主な出演作品に『ピーターパン』『ビリーエリオット』『マイ・フェア・レディ』など。現在、前田清実率いるドラスティックダンス“o”カンパニーメンバーとして、数々の作品創りに参加。同時にミュージカルを目指す後進の指導にあたる。杉並区ミュージカル・プールでは本公演全てにおいて振付を担当。渡辺ミュージカル芸術学院講師。

作本 美月

Mizuki Sakumoto

振付・ダンス指導

12歳よりクラシックバレエを始め梅花高等学校舞台芸術科を卒業後1年間クラシックバレエを磨く。2016年全国バレエコンクールにて優秀賞とスカラシップを受賞。その後上京しミュージカルアカデミー06期に入学しジャズダンスやミュージカルの基礎を学ぶ。今は前田清実主宰「ドラスティックダンス"o"」に所属しダンス公演やミュージカルの舞台で活躍中。2021年では「チクタク村のマドレーヌ」に振付アシスタントとして入り、子どもたちにダンス指導も行なっている。

吉川 恭子

Kyoko Kikkawa

歌唱・演技指導

昭和音楽芸術学院ミュージカル科卒業。在学中に『トラップ一家物語』で初舞台を踏む。劇団四季研究所を経て『ライオンキング』等に出演。退団後は劇団ステップスにて2014年の解散まで主要キャストとして活躍。在団中より『ピーターパン』『レ・ミゼラブル』『ミス・サイゴン』などに出演しボーカルキャプテンも務める。出産後はボイストレーナーやアーティストのバックコーラスなどで活躍。桐朋学園芸術短期大学 非常勤講師。

柴崎 咲子

Sakiko Shibasaki

演出助手・振付助手・ダンス指導

関東国際高校演劇科卒業。東宝ミュージカルアカデミー3期生。Envision Nextage所属。
千葉県選抜ジュニア舞踊公演奨励賞受賞。
エンジョイカルチャークラブMOECCダンス講師。主な出演作は、東宝「天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~」、ミュージカル座「ロイヤルホストクラブ」、2.5次元ミュージカル「信長の野望」等。現在は振付師やダンス講師としても活動している。

お問い合わせ

Inquiry

    ソーシャルメディア